日向ぼっこしよう!

近年は日に当たる、というと日焼けや肌の老化、皮膚ガンの可能性など、マイナス面がまず頭に浮かびます。しかし、もともと生命が存在するには太陽の光が欠けないモノです。効果的に日光浴をすることで、健康に役立てることもできるのです。今回は、太陽の光が私たちの身体にもたらした嬉しい効果を紹介します。シアリス

精神を安定させる
日光浴をすることで、体内でセロトニンという精神を安定させる化学物質が合成されます。セロトニンは、うつ病や統合失調症の患者に投与される薬で、このセロトニンが正常に分泌されなくなると、このような精神疾患に陥ってしまうので、適度な日光浴をすることは、とても大切です。

骨が丈夫になる
太陽光に当たることにより皮膚を構成する脂肪酸が変化。カルシウムの吸収を高め、骨の新陳代謝を活性化する働きのあるビタミンDが生成されます。早漏

成長ホルモン
成長ホルモンというホルモンは、人間にとってもそうなんですが、若返りのホルモンと言われています。骨や筋肉や身体の組織を維持してくれ、新陳代謝を促してくれるホルモンなんです。 このホルモンは太陽の光を浴びる事で活性化されるようです。若々しい身体を保ってくれるのに必要なホルモンなので、きちんと分泌させてあげたいですが、冬になると太陽光の量も減ってしまう事により成長ホルモンの量も少なくなりがちです。