日光浴を続けると危険

日光浴と中毒性の関係

ハーバード大学の研究によると、マウスによる実験で紫外線に中毒性があるという結果になったそうです。実験内容はマウスの背中の毛を剃り、その部分に紫外線を週5回のペースで照射してマウスに起こった変化を調べるというものでした。照射した紫外線はフロリダのビーチで20?30分の間日光浴をしたのと同等量だそうです。紫外線を浴びたマウスはそうでないマウスに比べ、血中のβ-エンドルフィン濃度が上昇していたのだそう。更に夜行性であるマウスがライトの当たる明るい場所を好むようになるなど、紫外線を浴び続けた結果普段とは異なる症状が現れたようです。

β-エンドルフィンとは“脳内麻薬”とも呼ばれる神経伝達物質のこと。幸福感をもたらし、痛みを抑えるなど麻薬と似た様な効果があるためこう呼ばれています。

人の場合でも中毒症状になる

人とマウスの紫外線に対する生物学的反応はよく似ていると言われるため、この結果はヒトにいおいても同じ様なことが言えると考えられています。否定的な意見もあるようですが、ヒトが紫外線中毒になる可能性がゼロであるという指摘にまでは至っていないようです。

紫外線を浴びるメリットはある

人体に必要な要素もある紫外線。太陽の光を浴びることで、体内ではビタミンDが生成されます。ビタミンDの不足はアルツハイマーなどの要因にもなり、適度な補給が欠かせません。これはサプリメントでも補給が可能なため、ビタミンDのためだけに日光浴をする必要もないと言えます。

日光を浴びるという行為自体が気分をスッキリさせてくれることもある。太陽の下を少し散歩する程度では中毒の危険性もそこまで高くなさそうです。暑い日に外出する場合、多くの人は紫外線対策を行うと思うので尚更です。