今の日光浴幸のカプセルは抗疲労効果を持つかどうか

疲労は体が非常に複雑な生理状態で、一般的な身体と精神状態の低下で仕事能力及び仕事効率の衰退につながる.生理疲労は、筋肉が何らかの状態または停止の収縮と拡張と拡張による実行能力の低下を指します.では、今の幸のカプセルは抗疲労作用に抗することがありますか?今幸カプセルはわが国初の人参サポニンRh2処方製品、今幸カプセルを持つかどうか抗疲労効果を,日光浴、私達がこれ幸いカプセルの主要成分人参サポニンRh2から.人参サポニンRh2は人参で得た原人から分離参グリコール型低糖鎖サポニン単体.それは生に参加工紅參時に、ある元人参グリコール組人参サポニン熱分解、配に基づく糖鎖切断分解の発生の回サポニン人参サポニンRh2の抽出サブプライム人参サポニン、通常は分解する方法が実現.1983年に日本の学者は北川勲まず決まった人参サポニンRh2の仕組みは、紅參中の徴収率は10万分の1、含有量はかなり稀で、人参サポニンRh2は一種の希少サポニン、同じ時間を証明していた人参サポニンRh2に卵巢癌、メラノーマ細胞ががんなど良い抑制効果、今研究証明人参サポニンRh2が広い譜の抗がん効果について、多くのがんが関連の記事.近年、科学技術、薬学的水準の不断の発展と進歩は、人参サポニンRh2多く効果の検討で確認され、抗疲労効果はその一つ.人参サポニンRh2(今の幸カプセル)抗疲労効果研究中国運動を研究会疲れ大量臨床観察、糖代謝調節は治療運動疲労損傷の肝心な問題.砂糖は機体の活動の重要なエネルギーを提供し,
勃起不全,糖代謝が機体の運動の時のエネルギー供給の中で重要な地位を占め、大強度運動時の機体の不全いつもやグリコーゲンの消耗し尽くす同時に発生、グリコーゲンの含有量を説明できる発生の速度と程度疲れ.本実験結果に人参サポニンRh2高線量組と未処理組の筋グリコーゲンとグリコーゲンのもとの含有量は模型は対照群は、激しい運動を引き起こすことができる機体筋,グリコーゲンのもとの含有量のは著しく低下し、一定量の人参サポニンRh2が著しい減速筋、グリコーゲンの元の消耗の速度.グリコーゲンなどエネルギー物質も、TCAサイクル発生のエネルギー供給ユニット(ATP)運動所要、コハク酸デヒドロゲナーゼはTCAサイクルの重要な酵素活性の高低や、その含有量のいくらに直接影響してTCAサイクルの速度、だからSDHのレベルと機体の酸素の呼吸能力がある非常に緊密な連絡.大量の研究の結果、人参サポニンRh2高線量組と未処理組のSDH活性は模型対照群、これは使い捨て過度の激しい運動を下げることができてSDH機体細胞内に影響を与えるの活性、エネルギーの発生を誘発してさらに疲労、一定量の人参サポニンRh2溶液は激しい運動を避けることができる機体は過度にSDH活性の代償不全性低下.結合以上結果を通じて見える人参サポニンRh2保証運動の中で機体SDH正常細胞内の活性を高め、機体に酸素代謝ATPの合成.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です