日光浴をするときの注意点

私たちは日光浴がカルシウムの吸収、さらに人体の各器官の血液循環の加速、骨粗鬆の予防と治療などに役立つことがわかる。冬が寒いので、一部の人が部屋の中でガラスを隔て、日光浴をする。しかしガラスを隔てる日光浴が役立つだろうか。

医者によると、ガラスを隔てる日光浴は何の効果もない。それはガラスが紫外線を吸収できるため。だから専門家が外へ出て、空気が新鮮で明るい場所で日光浴をする。

また、日光浴に関する二つの間違い認知が知るべきだ。一つは太陽が出るうちにできるだけ長い時間に日光浴をする。このようなやり方は誤った。どの季節でも、午前10時から午後4時までの間に、特に正午12時から午後4時までは長い時間日差しを浴びることが危険だ。その時の紫外線が皮膚を傷つける。

もう一つは満腹で日光浴をすると栄養の吸収が促進できる。これもよくないやり方。日差しを浴びる前にカラシナ、レタス、巻き貝、エビ、カニ、ドブガイなど感光性食物を避けてください。これらが感光性薬疹や日光性皮膚炎を引き起こしやすい。

日光浴をした後に必ず多くの水を飲んで、たくさんの果物と野菜を食べて、十分なビタミンCを補充する。このようにするのがメラニンの生成を抑え、そばかすを防止する。