日光浴は発ガンすることが本当なのか嘘なのか

日光、ヤシに囲まれたビーチで日光浴をするのは人々望んでいる休日の過ごし方である。でも日光浴は発ガンの可能性があることも人たちの心配になる。日光浴は肌を露出して、太陽の紫外線や人工物質の中に浴びて、肌の色が暗くなるプロセスである。この前に私達はずっと日光浴のメリットを強調し、では、日光浴を本当に発ガンすることができるか?

研究によって、毎日平均日光を3時間浴びているなら乳腺がんのリスクが半減する。日光の放射線が肌を刺激して、ビタミンDの発生に促進することができる。その上、乳房の細胞はビタミンDをある抗がん効果のホルモンに転化することができる。カナダ研究者は3101人乳腺がん患者と3471人健康な女性と比較し、ひとりひとりに人生の4つの段階10代、20代、30代と60代に、四月から十月まで外でどれくらいの時間滯在したことを尋ねた。

このアメリカ疫学雑誌で発表された研究結果によると、1週間に紫外線の照射時間が少なくとも21時間の十代の女の子は毎日一時間足らず日光を接触する同じ年齢の人より癌の発生確率が29%低い。40代の女性には、常にアウトドア活動する人の肺がん発生率が26%下がった。60歳以上女性には、日焼けが彼女たちガンの発生確率を半減する。