日光浴に関する知るべき豆知識

1、日光浴の時間:夏には朝7時と午後16時から18時までが良くて、春秋二季には朝8時から11時まで、午後15時から17時まで行われ、冬には寒くて、だから暖かく風ないの日に11時から14時までが良い。

2、日光浴の場所:一番よいところは広い室外で行われ、江湖、海浜、広野林間など環境優雅な場所が良い。そして日光浴の時間が20分ほどは比較的に適当で、最長は1時間、体の具合と日光変化によって調整する。

3、日光浴の準備に必要の物品:寝椅子、タオル、麦わら、ミネラルウォーター、サングラスなどを準備して快適な雰囲気を構築する。夏には熱中症防止し、冬には風邪に注意しなければならない。

4、日光浴の方式:一般的にはバックライト浴:背中を中心に日光を浴び、適当に向きを変える精力剤。面光浴:患者は太陽に仰向け、日光を十分顔に照らし、サングラスを着用や目を閉じて、適当に向きを変える。全身日光浴:体位を変えて、日光浴をする、体の各部を日照を受ける。

5、日光浴のメリット:よく日焼けを受けや日光浴をするには、皮膚の代謝を増進することができて、皮膚の機能を強めることができて、ビタミンDの合成と吸収にも助け、骨の成長発育に役立つ。日光の紫外線は皮膚の病原性微生物を殺すことができる。

正規品レビトラを保証し、日本人の体質に一番合うED勃起機能改善役としてすごく人気を集めています。