太陽の光の健康効果について

世の中にはさまざまな健康法が存在しています。食事と運動以外、太陽の光には健康効果がいっぱいです。それでは、代表的な太陽の効用について書きたいと思います。

冬うつの改善、冬季うつは心の病気ではなく、光不足による病気です。太陽光など光を浴びることで改善に向かいます。

快眠効果、朝日を浴びることで、分泌が抑制され脳が覚醒し、その15-6時間後に分泌が始まり寝る準備へと導かれるのです。

人間の精神面に大きな影響を与える神経伝達物質で、うつ病の治療には、朝の太陽光を十分に浴びることが取り入れられます。うつ病は強いストレスを受けたり、不規則な生活などを続けることで、セロトニンの不足により起こり、脳の働きが鈍化することで引き起こされるとされています。

太陽光の健康効果として、代表的なのがビタミンDです。ビタミンDは、カルシウムの吸収率を高めて、骨の新陳代謝を活性化するほかには、免疫力を高めインフルエンザや風邪などの感染症にかかりにくくする働きがあります。また、長寿効果があります。ビタミンDは他のビタミンと違って食物から摂取するのがむずかしいです。

紫外線には、細菌などに対するかなり強い殺菌作用があります。紫外線は微生物の核内にある核酸蛋白複合体に作用、変性を起こして死滅させると言われています。

身体だけではなく、前向きな気持ちでいることができるのです。毎朝太陽に向かって深呼吸を数回し、太陽のパワーを体中に取り込むイメージを持ちましょう。

媚薬は、性欲や男女関係の感情に大きな影響を与える「ホルモン」の分泌を調整することで、性欲を増進させることを目的にしている商品です。